メインバンクとの付き合い

 会社を大きくしようと思った場合、銀行(金融機関)との取引は重要になります。いったん付き合いをしますと、長い付き合いになりますのでメインバンクは慎重に選んでください。
 

メインバンクを選ぶポイント

 @できるだけ会社に近い銀行(金融機関)にすることです
 会社にとっても、担当の銀行員にとっても近ければ近いほど便利であり、事務効率が上がります。また、ちょっとしたことで行き来もするようになり、親密さを増すことができます。
 
 A財務体質や業績がしっかりしている銀行(金融機関)を選ぶことです
 一昔前と違い、銀行(金融機関)も潰れる時代となりました。せっかく取引を始めたとしても、取引をしていた銀行が潰れてしまうと、また新たに、他の銀行と一から取引を始めないといけません。ですから、財務体質や業績がしっかりしている銀行(金融機関)を選ぶことは、非常に重要なことです。
 
 B自分の会社を大事にしてくれる銀行(金融機関)を選ぶことです
 昨今の都市銀行の経営合理化や支店の統廃合はものすごい勢いで進んでいます。この状況の中で、「できたばかりの会社」や「規模が小さい会社」が面倒を見てもらおうと思っても、むずかしい状況と言えるのではないでしょうか。借りる金額が多額でなければ、メインバンクは大きくなくてもよいです。したがって、最初は地方銀行や信用金庫などを選んだほうがいいと思います。小さくても、財務体質や業績がしっかりしている地方銀行や信用金庫等はあるのです。
 

 

メインバンクに評価される実績づくり

 メインバンクとの取引において、評価される実績をつくることは、非常に大切なことです。「お金を貸してくれ」の一方方向だと良好な関係をつくることは難しいです。ギブアンドテイクの関係は必要です。銀行は、新規開設時に会社(=社長)のことをチェックしていますので、まず信用をつけるために取引実績を積むことです。では、銀行に評価される実績づくりとはどのようなものでしょうか。いくつか、ありますが以下のことは評価されるでしょう。
 
 (1)決済口座の作成
 売上の入金や、仕入れ等の出金の決済口座を作成することです。ただし、注意点としては、支払い決済は確実にすることです。遅れることが何度もあると信用されません。自動引き落としは特に注意してください。
 
 (2)定期預金・積立預金
 1、2万円でもよいですから月掛けの定期預金を組むことです。
 
 (3)社員の給与振込やリース・公共料金等の引き落としもいいでしょう
 
 このようにできる範囲でかまわないので、徐々にメインバンクと信頼関係を持つことが非常に大切なことです。
 
 
会社の経理・税金・財務〜法人税・消費税・源泉所得税」のTOPへ
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区