科目名:広告宣伝用資産−受贈益

 一般的には、法人間で資産が贈与された場合、受贈側には時価相当額の受贈益が、贈与側には同額の寄付金計上が要求されますが、広告宣伝用資産の贈与には、特別の規定があります。
 卸売業や小売業を営んでいる特約店等は、メーカーなどから商品名入りの自動車や陳列ケース等を、贈与されたり、または低額で取得することが多いです。このような、メーカー等が自社製品の宣伝のために贈与などをする資産を広告宣伝用資産といいます。この場合、広告宣伝用資産を貰った方には受贈益が発生しますが、受贈益の全額が課税されるわけではありません。なぜなら、あくまでもメーカー等が自社製品の宣伝をするという理由があるから、贈与をするわけです。ようするに、純粋な贈与とはいえず、「メーカー等の広告宣伝」と「特約店等の利益」があると考えられるからです。そのため、税務では「特約店等の利益」となる部分についてのみ、受贈益として課税します。
 

広告宣伝用資産−受贈益の具体例

 メーカーなどから商品名入りの自動車や陳列ケース等を、贈与されたり、または低額で取得すること。
 

広告宣伝用資産−受贈益の仕訳例

 (例)メーカーにおける取得価額120万円の広告宣伝用自動車を、負担金10万円を支払って取得した。
 
 車両 80万円   現金預金 10万円
            受贈益   70万円(注1)
 (注1)120万円×2/3−10万円=70万円>30万円
 

広告宣伝用資産−受贈益の法人税の取扱い

 無償または低額で取得した特約店等はメーカー側の取得価額の3分の2から特約店等の負担額を控除した金額が受贈益として課税対象になります。ただし、それらの金額(同一のメーカー等から2以上の資産を取得したときは合計額)が30万円以下である場合には、少額非課税の立場から経済的利益の額はないものとされています(法基達4−2−1)。
 なお、前述したような資産の贈与を受ける代りに、金銭の交付を受け、その金銭で交付の目的となった資産を購入するという場合も、経済的効果としては、広告宣伝用資産の贈与を受けたものと同様です。例えば、広告宣伝用自動車を取得することを条件として金銭を贈与された場合などです。そこで、このような場合にも、広告宣伝用資産の贈与を受けたものと同様に取り扱うこととしています(法基達4−2−2)。
 広告宣伝用の看板、ネオンサイン、どん帳のように、専ら広告宣伝の用に供される資産については、特約店等が直接利益を得るものではないので経済的利益の額はないとされ、受贈益を計上する必要はありません。ようするに、「特約店等の利益」はなく、「メーカー等の広告宣伝」の効果しかないと考えるのです。
 

広告宣伝用資産−受贈益の消費税の取扱い

 無償取引は、消費税では課税対象外となります。したがって、広告宣伝用資産の贈与を受けて、法人税で受贈益を計上しなければいけない場合であっても、消費税では課税対象外となります。
 なお、特約店等が負担をして広告宣伝用資産の購入をした場合は、その購入自体に係る消費税分は仕入れ税額控除の対象となります。
 

少額減価償却資産

 取得価額が10万円未満の減価償却資産は、これを事業の用に供した事業年度において一時償却することができると規定されています(法令133)。そのため、広告宣伝用資産の取得価額が、1個10万円未満である場合は、一時に損金算入することができます。
 

広告宣伝用資産の具体例

 (1)広告宣伝用自動車
 自動車(自動三輪車及び自動二輪車を含む)で車体の大部分に一定の色彩を塗装してメーカー等の製品名または社名を表示し、その広告宣伝を目的としていることが明らかなもの
 (2)広告宣伝用備品
 陳列棚、陳列ケース、冷蔵庫または容器で、製造業者等の製品名または社名の広告宣伝を目的としていることが明らかなもの
 (3)展示用モデルハウスのように製造業者等の製品の見本であることが明らかなもの
 展示用モデルハウス全体を一体とみて広告宣伝の効果をあげているかどうかで判定し、そのメーカーの商品を置き、社名を掲示してあれば、全体の取得価額の3分の2を受贈益として計上すればよいとされています。
 

贈与した側の税務

 贈与したメーカー側では、これらの費用を寄付金計上ではなく、繰延資産として処理し、その資産の耐用年数の10分の7に相当する年数(その年数が5年を超える場合には、5年)で償却することになります(法基達8−1−8)。ただし、その費用の額が20万円未満であれば、少額繰延資産として支出時の損金処理ができます。詳しくは、こちらのページまで。
 

広告宣伝用資産−受贈益のまとめ

 広告宣伝用資産が、@自動車、陳列棚、陳列ケース、冷蔵庫、展示用モデルハウス等のように「メーカーの広告宣伝+特約店等の利益」に使用されるものか、A看板、ネオンサイン、どん帳等のように「専ら広告宣伝のみ」に使用されるものかによって法人税の取り扱いが違ってきます。
 
 @「メーカーの広告宣伝+特約店等の利益」に使用されるもの
 特約店等側:(メーカーの取得価額×2/3−特約店の負担した金額)を受贈益として計上します。しかし、この受贈益相当額が30万円以下であれば、受贈益の計上は不要となります。
 メーカー側:取得価額相当額を繰延資産として償却します。
 
 A「専ら広告宣伝のみ」に使用されるもの
 特約店等側:受贈益はなかったものとされ、受贈益の計上は不要となります。
 メーカー側:取得価額相当額を繰延資産として償却します。
 

受贈益についての会計・法人税・消費税処理方法

 受贈益についての会計・法人税・消費税処理方法は、こちらのページまで。
 
会社の経理・税金・財務〜法人税・消費税・源泉所得税」のTOPへ
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区