科目名:創立費と開業費

 (平成20年5月19日改訂)
 創立費とは、法人を法律的に設立するためにかかった支出額のことをいいます。開業費とは、法人設立後から営業を開始するまでの間にかかった開業準備のために支出した費用をいいます。
 なお、繰延資産として計上することについては、会計・会社法・税法上とも任意であり、発生した事業年度に一時償却することも可能です。ただし、いったん繰延資産として計上すると償却に対する考え方に違いが生じます。
 

 

創立費と開業費の具体例

 創立費とは、会社の負担に帰すべき設立費用、例えば、定款および諸規則作成のための費用、株式募集その他のための広告費、目論見書・株券等の印刷費、創立事務所の賃借料、設立事務に使用する使用人の給料、金融機関の取扱手数料、証券会社の取扱手数料、創立総会に関する費用その他会社設立事務に関する必要な費用、発起人が受ける報酬で定款に記載された金額ならびに設立登記の登録免許税等をいいます。
 
 開業費とは、土地、建物等の賃借料、広告宣伝費、通信交通費、事務用消耗品費、支払利子、使用人の給料、保険料、電気・ガス・水道料等で、会社成立後営業開始時までに支出した開業準備のための費用をいいます。
 

創立費と開業費の仕訳例

 会社設立費用210,000円(消費税10,000円)を支払った。
(支払時) 創立費    200,000円    現金預金 210,000円
       仮払消費税  10,000円
   
 期末に、上記のものを5年間で均等償却した。
(期末時) 創立費償却  40,000円    創業費  40,000円
 

創立費と開業費の会社法の取扱い

 会社法では、繰延資産について、具体的列挙をしていません。また、償却期間・償却方法も定めていません。そのため、今後は「会計」に準拠(しん酌)する方向になったということでしょう。
 平成18年6月6日、企業会計基準委員会は「繰延資産の会計処理に関する当面の取扱い(案)」を公表しました。今後は、この公表されたものを基にして、会社法・会計は繰延資産を取り扱うことになるでしょう。
 詳しくは、会社法上(会計上)の繰延資産(総論)のページまで。
 

創立費と開業費の会計の取扱い

 創立費の会計処理
 創立費は、原則として、支出時に費用(営業外費用)として処理します。ただし、創立費を繰延資産に計上することができます。この場合には、会社の成立のときから5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却(月割償却)をしなければならないとなっています。なお、支出の効果が期待されなくなった場合には、未償却残高を一時的に償却する必要があります。
 
 開業費の会計処理
 開業費は、原則として、支出時に費用(営業外費用OR販売費及び一般管理費)として処理します。ただし、開業費を繰延資産に計上することができます。この場合には、開業のときから5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却(月割償却)をしなければならないとなっています。なお、「開業のとき」には、その営業の一部を開業したときも含むものとします。なお、支出の効果が期待されなくなった場合には、未償却残高を一時的に償却する必要があります。
 開業準備活動は通常の営業活動ではないため、開業準備のために要した費用は原則として、営業外費用として処理することとします。ただし、その費用は、営業活動と密接であることおよび実務の便宜を考慮して、販売費及び一般管理費として処理することもできます。なお、支出時に費用処理する場合のほか、繰延資産に計上した場合の償却額も含みます。
 

創立費と開業費の法人税の取扱い

 会計上は上述のように、創立費と開業費とも、5年以内のその効果の及ぶ期間にわたって、定額法により償却(月割償却)をしなければならないとなっています。
 しかし、税法上は、任意の償却となっていますので、開始事業年度において全額損金算入することも可能です。また、いつでも自由に任意の額だけを償却してもかまわないので、会社が黒字になるまで繰延資産に計上しておくことも出来ます(法令14法令64)。
 

創立費と開業費の消費税の取扱い

 創業費・開業費とも、その費用を支出した日の課税期間(開始事業年度)で仕入税額控除を行います。
 ただし、登録免許税や印紙税などの租税公課、人件費、支払利子、保険料などは仕入税額控除の対象になりません。
 

開業費の範囲

 開業費の範囲については、@開業までに支出した一切の費用を含むものとする考え方と、A開業準備のために直接支出した費用に限るとする考え方の、2つがあります。
 しかし、@開業までに支出した一切の費用を含むものとする考え方によると、開業準備のために直接支出したとは認められない費用が含まれます。その費用については、その効果が将来にわたって発現することが明確ではないものが含まれている可能性があります。このため、会計において、開業費は、A開業準備のために直接支出したものに限ることが適当であると考えます。
 また、法人税法上においても、開業費とは、「法人の設立後営業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用をいう」とされています(法令14@二)。開業準備のため特別に支出した広告宣伝費、旅費、市場調査費、接待費などがこれに該当します。営業活動に経常的にかかる費用である土地建物の賃借料、事務用消耗品費、支払利子、使用人給与、電気・ガス・水道料などは含むことが出来ません。
 ようするに、会計上も税務上も、開業費の範囲は限定されているということになります。
 
会社の経理・税金・財務〜法人税・消費税・源泉所得税」のTOPへ
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区