損益計算書(P/L)

 売上はどれだけあったか?費用はいくらかかったか?どのぐらいの儲けがあったか?といった会社の経営状況を見るには、「損益計算書(P/L)」を使います。損益計算書とは、会社の売上などの「収益」から「費用」などを差し引いて、今期(通常は1年)会社が得た利益を示します。会社が商品やサービスの提供を行って、相手からお金などを受け取とると収益となります。収益をあげるためには、社員の給料や事務用品、仕入れなど、さまざまな費用がかかっています。収益から費用を引いたものが、「利益」となります。つまり、「儲け」です。結果がマイナスになれば「損失」となります。
 

5つの利益

  損益計算書では、5つの利益を計算します。5つの利益は、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の順番で覚えてください。各段階の利益を分析することによって、会社経営の問題がどこにあるのかがわかってきます。この5つの利益の意味と、それぞれの額を求める計算式を紹介します。
 

 

売上総利益

 最も基本的な利益で、売上高から売上原価を差し引いた利益です。一般的に、粗利益とも呼ばれます。
 【 売上総利益 = 売上高 − 売上原価 】
 ○売上高:主たる営業活動(本業)として、商品・製品・サービスを販売した金額
 ○売上原価:仕入れや製造にかかる費用で、売上をあげるために直接かかった費用
 

営業利益

 主たる営業活動で得た利益。つまり、売上で得た利益から、売上をあげるためにかかった費用を引いた利益のことです。本業で、いくら儲けたのかがわかります。ここの段階でマイナスならば、会社の存続は難しいことになります。
 【 営業利益 = 売上総利益 − 販売費および一般管理費 】
 ○販売費および一般管理費:売上原価のように、売上をあげるために直接的にかかった費用ではないが、給料や広告費、地代家賃など間接的にかかった費用のこといいます。
 

経常利益

 主たる営業活動で得た利益と、それ以外に得た利益をプラスした利益。「経常」とは、「日常」「平常」という意味です。ですから、経常利益とは、日常的に発生する利益のことです。
 【 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 − 営業外費用 】
 ○営業外収益:受取利息や受取配当金、有価証券売却益など、主たる業務以外で得た利益
 ○営業外費用:支払利息や有価証券売却損など、主たる業務以外で失った費用
 

税引前当期純利益

 税金を支払う前の、当期のトータルの利益
 【 税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益 − 特別損失 】
 ○特別利益:固定資産売却益など、その期だけ特別に発生した利益
 ○特別損失:固定資産売却損や災害などによる損失など、その期だけ特別に発生した損失
 

当期純利益

 会社に最終的に残った利益
 【 当期純利益 = 税引前当期純利益 − 法人税等 】
 ○法人税等:会社の利益を基準とし、会社の所得を出します(詳しくは、こちらのページまで)。この会社の所得に対して、国の税金である法人税と、地方の税金である住民税・事業税がかかります。3つの税金の合計は、会社の所得にたいして約40%となっています。
 

経常損益の部、特別損益の部

 現行の商法施行規則では、経常損益の部、特別損益の部に分けて、また、経常損益の部は、営業損益の部と営業外損益の部に分けて表示することになっています。しかし、計算省令(株式会社の計算に関する法務省令案)ではその規定を削除しています。そのため、会社法施行後の決算においては、そのような部による表示はすべて不要となる見込みです。しかし、見易さや、わかりやすさなどにより、以前のままで表示する可能性もあります。
 

貸借対照表(B/S)

 貸借対照表(B/S)については、こちらのページまで。
 
 
会社の経理・税金・財務〜法人税・消費税・源泉所得税」のTOPへ
運営 税理士・中島IT会計事務所/東京都港区